小学校ご入学おめでとうございます。私も小学生の子供を持つ親です。知らないことばかりだった1年前を振り返って、今から入学式までに準備することをまとめてみました。

小学校入学の準備

学用品、全ての持ち物に名前を
集団生活をおくるために

学用品、全ての持ち物に名前を

持ち物全てに名前をマジックで書くのですが、こんなところにも気をつけてください。

・はさみは、はさみ自体とケース両方に名前を書く
・絵の具は、色のチューブの部分とキャップの両方に名前を書く
・クレヨンなどの箱と蓋が分かれるものはその両方に名前を書く

というように、落し物をしたときに、必ず名前がわかるように書くのがポイントです。


では、準備する学用品や生活用品です。

1.ふでばこ
 ・シンプルで鉛筆が5~6本入るものが使いやすいです。仕組みが複雑なものは、高学年になってからでも遅くないと思います。
 ・Bまたは2B鉛筆を5本、赤青鉛筆1本、線引き1本
 ・消しゴム、匂いがなく白くてよく消えるものが良いです。

2.はさみ
 ・工作用で15cmくらいのもの
 ・ケースつきで先がとがっていないもの

3.のり
 ・キャップのついたアラビアのり

4.セロテープ

5.12色の色鉛筆または、クーピー鉛筆

6.16色のパス、またはクレヨン

7.油粘土 1kgと粘土板
 ・ケースに入ったもの

8.木製カスタネット

9.下敷き

10.防災頭巾
 ・座布団で使用。あまり厚くならないようにしてカバーをつけます。カバーには、椅子にとり付けられるようゴムひもをつけます。

11.ランドセル
 ・軽くて丈夫で、疲れないものが良い。

12.引き出し
 ・机の大きさにあった、丈夫な素材のもの。

13.名札

14.上履き、上履き入れ

15.小物入れ
 ・はさみなどの道具入れ

16.ぞうきん 1枚

17.歯磨きセット

18.雨傘
 ・同じ大きさのものをみんなが使いますので、名前がわかりやすいようにしておきます。

19.算数セット

20.体操服 上下

21.赤白帽子

22.通学帽子

学校の指示で購入するもの
1.絵の具セット
2.鍵盤ハーモニカ

集団生活をおくるために

健康状態は最良でしょうか?11月ころに行われる事前健診の結果は大丈夫ですか。虫歯などは治療がすすんでいますか。これからの勉強に支障が出ないよう早めに治療しておきましょう。手鏡などの小さな鏡で汚れが落ちたか確認する習慣をつけたり、お母さんが後磨きをしてあげると虫歯になりにくくなります。フロスなどの使用も効果的です。 就学時健康診断の際に指摘された疾病は、入学までに治療を済ませておきましょう。

規則正しい生活のリズムをつくりましょう。起床や就寝時刻を決め、規則正しい生活のリズムをつくりましょう。小学校に登校する1時間前くらいに起きて、身支度、朝食をきちんととり、登校前に排便をすませる習慣を身につけていきましょう。よくかんでしっかり食べる習慣と、給食時間(20分くらい)内に食べ終える食事のリズムをつくりましょう。睡眠時間をしっかりとれる就寝時刻のリズムを身に付けましょう。

自分のことは、自分で出来るようにしましょう。
1.洗顔、歯磨き、手洗い、鼻をかむなど。
2.衣服や靴の着脱、たたむ、揃える。
3.道具類の整理整頓、かさのしまい方。
4.自分の伝える事をはっきりと言う。
5.登校前に用便を済ます。
トイレが一人で使える。家では洋式のトイレが多いですが、学校は和式と洋式とあります。その違いも知っておきます。
6.食事が20分くらいで終わる。
7.自分の持ち物と人との違いがわかり、持ち物の出し入れがきちんとできる。


和やかな雰囲気をつくる気持ちの良い挨拶が出来るようにしましょう。
1.朝の挨拶 「おはようございます」
2.登校するときの家を出るときの挨拶「いってきます」
3.食事の挨拶「いただきます」「ごちそうさまでした」
4.人に親切にされたとき「ありがとう」
5.人に迷惑をかけたとき「ごめんなさい」
きちんと言えるようにしましょう。友達と仲良くして、意地悪や乱暴をしないように、また悪口を言わないで遊べるようにしましょう。基本的なことですが、お母さん、あなたの見ていないところで子供がきちんと出来るようにしつけましょう。


学校へ行って身の回りのことが出来るようにしましょう。
1.名前を呼ばれたら、元気良く「はい」と返事をする。
2.困ったことや言いたい事を先生や友達に話せる。
3.幼児語を改め、正しい言葉で話が出来る。
4.自分の名前を読んだり書いたり出来る。
5.保護者の名前や住所をはっきり言うことが出来る。
6.学校から家までの通学路をわかるようにする。
7.仲良しの友達を持つことが出来る。